スポンサードリンク
2017-5-22 8:19

テスター唐澤氏のレポート-JUMPRIZE

皆さんこんにちは!フィールドテスターの熊五郎です。 今回はかっ飛び棒130Sでグッドサイズのシーバスをキャッチすることが出来たので報告致します。 大分市内の河川では春のシーズンでもコノシロパターンが成立することがあります。 しかし、コノシロまでの距離が非常に遠いことがあるので、ビッグベイトでは攻略しきれないことも多々あります。 そんな時に武器の1つになるのがかっ飛び棒130Sです! 飛距離はもちろんのこと、130mmというサイズがコノシロの中にあっても他のシンキングペンシルに比べアピール力がらあるのではないかと考えて使用しています。 特に夕マヅメから夜にかけては定番のシースルーナイトSPやチャートバックパールのような膨張色がヒット率が高い印象があります。 また、コノシロのレンジが低い場合は、リフト&フォールでしつこく誘ったことが釣果に繋がったこともありました。 かっ飛び棒は磯やサーフでの使用のイメージが強いですが、大河川の河口部など、飛距離がアドバンテージになるフィールドでは場所を選ばず武器になるルアーです。 是非、様々なフィールドで試して頂ければと思います。   JUMPRIZEテスター 唐澤良太 // //

JUMPRIZE

JUMPRIZE

釣り情報ウィジェット
広告