スポンサードリンク
2017-5-24 14:03

プロスタッフ岡崎氏のレポート-JUMPRIZE

皆さまこんにちわ!岡崎です^ ^ ホームグラウンドである九頭龍川のリバーシーバスも徐々に全域に広がり、本格的なシーズンインまであと少し。 今はまだ水温が安定せず活性も低い状態です。 先日の釣行では、シャロー域の表層ドリフトメソッドでシーバスからの反応はあるものの、ルアーが弾かれてしまい深いバイトまで持ち込めない状況が多発しました。 おそらくこれも活性が低い、もしくは捕食が下手なのか(苦笑) 今回の釣行ではいつものフローティングルアーの後にポポペンでの表層ドリフトを試してみました。 すると、今まで弾かれていたルアーからポポペンに変えただけで1発でフッキング! 見事キャッチに至りました。 要因は察しの通り、浮き姿勢にありました。 僕がいつもドリフトで好んで使用するのは 水平浮き。 水面めがけて突き上げてバイトするシーバスはルアーをよく弾く事があります。 一方、ポポペンは垂直に近い浮き姿勢なので、この状態はシーバスにとってとても喰いやすい姿勢なんですね。 飛距離も抜群で高レスポンスなアクションも使い勝手も良く優秀なルアーの1つです。 これから夏本番に向け、さらに出番が多くなる事間違いナシなプラグです♪   JUMPRIZEプロスタッフ 岡崎好伸 //

JUMPRIZE

JUMPRIZE

釣り情報ウィジェット
広告