スポンサードリンク
釣ってQ



締切済み

道糸とリール糸について

yu-kiya
質問者:
質問日時:2006-04-18 17:00
質問カテゴリー:釣り
回答数:3
釣り糸について教えて下さい。
釣り糸には「リール糸」「道糸」「ハリス」がありますが 「リール糸」と「道糸」を一緒にして市販で売っている200m位ある長い糸と一緒に使ってますね。
私は「リール糸」「道糸」を結んで使ってます。
だいたい
最初にリール糸をリールに150m巻いておいて
釣り魚によってハネなら3号、メバルなんかは1号半?
タチウオだと5号位と市販で50m1000円台で売っている(確かメーカーはシーガー○○だったか)道糸を
結んで使ってます。
この方法の欠点は 結び目が引っ掛かってしましますので遠投はしんどいですね。

こんな使い方でもいいのでしょうか?
やっぱり号数ごとにリール糸から巻いていくのでしょうか?
気になる0
通報する

質問:「道糸とリール糸について」への回答(3件)

No.3
thorium90
thorium90
はっきり申し上げますとリール糸、道糸、ハリス、は仕掛け上の呼び名ですので
本来の性能や規格を示す名前ではありません。
ナイロン、フロロ、PEなどで区別するべきですので
根本から考え方を変えましょう。
号数もメーカーや性能などによって
同号数でも太さが変わりますのであくまでも目安です。
 
通報する
 
回答日時:2006-04-19 19:58

No.2
chibitakun
chibitakun
>釣り糸には「リール糸」「道糸」「ハリス」がありますが

↑変な定義ですね・・・

回答ですが、私が思うに
それぞれの号数にあったサイズのリールを使い分けるのが良いと思います。
最近はリールも安いですから^^;
 
通報する
 
回答日時:2006-04-19 11:27

No.1
myu_kaori
myu_kaori
素朴な疑問ですが、リール糸と言うのは下巻きの事ですか?
それでしたら、下巻きの量を少し減らせば良いと思います。
具体的には下巻きを150m⇒100〜120mにして道糸を長くとります。

でも、150mも下巻きをすると言うのは、かなり大きなリールを使ってませんか?
それなら1ランク小さいのリールを買って、下巻き無しのほうが良いような気がします。
私はそうしています。
分かり易く言うと、3号糸が200m巻けるリールに下巻き100m+道糸100m巻くくらいなら、3号糸が120〜150m巻けるやや小さめのリールに規定量分巻くほうが好きです。

私はリールはシマノの1000番(ファイヤーライン8lb 100m)、2000番(ナイロン2.5号 75m)、4000番(ファイヤーライン25lb 200m)、6000番(ファイヤーライン40lb 200m)を持っています。
他にもあるけど、メインはこれかな。
全部下巻き無しです。
それで釣る魚によって使い分けています。
例えば2000番はルアーや礒釣りやアジの遠投サビキ、4000番は礒でシーバスやライトジギングなどです。
PEラインは年1回、他は年2〜3回しかラインを交換しません。
ちなみに太刀魚は2000番を使って、6号のリーダーを50cm足すだけです。
参考になれば。
 
通報する
 
回答日時:2006-04-18 18:40

フィッシングカテゴリの新着QA

回答受付中
質問日時:2018-07-16 00:21
シーバスロッドでのライナーキャストと、エアノットについてお願いします。 当方、ディアルーナ96mlを使用しており、最近河口、運河でのストラクチャー周りを狙ったシーバス釣りを始めました。(省略)
回答数
0
気になる
0

回答受付中
質問日時:2018-07-14 18:46
ヘチ釣りや落とし込みに使おうと思い潮が引いているときにカニを取りました。それで、生かしておこうと思って、カゴにいれて海の中にロープでくくって沈めてるんですが、生きるんでしょうか?
回答数
3
気になる
0

回答受付中
質問日時:2018-07-14 13:15
東京の海釣りでよく釣れるところはどこですか?? 船は使わないで堤防からです!!
回答数
0
気になる
0

回答受付中
質問日時:2018-07-14 13:13
ハゼクラで釣りが出来る場所ありますか? できれば東京都、神奈川県、茨城県、千葉県で教えて欲しいです。
回答数
0
気になる
0

解決
質問日時:2018-07-13 11:29
質問です バス釣りでフロッグをしたいと思ってまして PEの直結が良くていちいち結ぶのもめんどくさいのでスナップなどに直結してルアー交換っていうのはありですか? (PE→スナップ→フロッグ)って感じです!(省略)
回答数
3
気になる
0

QAをもっと見る
みんなに質問をしてみる
Powered by

釣り情報ウィジェット