スポンサードリンク
2008-9-26 11:37

第29回G杯争奪全日本がま投(キス)選手権-イベント情報(SHIZENCLUB)

力石一穂選手がG杯通算4度目の栄冠に輝く 優勝した力石選手。目標としていた瀬尾捷征氏の4回優勝記録に並んだ 平成20年9月7日(日)、8日(月)の2日間にわたり、がまかつ主催による「第29回G杯争奪全日本がま投(キス)選手権」が開催された。全国7会場の予選を勝ち抜いた代表選手とシード選手の計36名が山形県湯野浜海岸に集まり、12cm以上のキスの匹数で競った。試合は午前5時半から、3回の予選を行い、決勝戦には6人が進出。これまで3回の優勝経験を持つ力石選手が16匹を釣って、大会審査委員長の瀬尾捷征氏に並ぶ4回優勝の偉業を達成。2位と3位には、ともに大磯海岸予選選出の米山選手と友重選手が入賞した。 【大会結果】 優勝 力石一穂(シード・46歳・群馬県高崎市)16匹 準優勝 米山秀一(大磯海岸予選代表・56歳・静岡県駿東郡)14匹 3位 友重秀樹(大磯海岸予選代表・36歳・神奈川県伊勢原市)11匹 左から、準優勝の米山秀一選手、優勝の力石一穂選手、3位の友重秀樹選手

イベント情報(SHIZENCLUB)

イベント情報(SHIZENCLUB)

釣り情報ウィジェット
広告