スポンサードリンク
釣ってQ



解決

OLYMPIC No 300型 リールについて

coose
質問者:
質問日時:2012-12-19 19:29
質問カテゴリー:釣り
回答数:2
実家の釣り道具置き場を整理していたら、「OLYMPIC No.300型」というリールが出てきました。
父に聞くと、たぶんオヤジ(私の祖父)が使っていたリールだなと言っておりましが、実際のところ、このリールは、何時頃に製造されていたリールなのでしょうか?
ご存じの方は教えてください。
気になる0
通報する

質問:「OLYMPIC No....」への回答(2件)

No.2
ベストアンサー
sttach
sttach
オリムピックリールの歴史を調べている者です。
もし刻印にTOKYO UENO SEIKO などと植野の名前が入っておりましたら、旧オリムピック釣具(株)の前身、植野精工時代(昭和36年にオリムピック釣具と改称)の製品でしょう。
兄弟機に500型もありますが、もともとは、「近代日本釣具開拓の父」と称された創業者植野善雄氏(昭和29年没)が昭和11年に植野製作所(当時)から発売した「フィッシュオリムピックリール」が原型となっているリールです。
終戦直後から生産再開され、昭和20年代にはアルミ製の「普及型」、昭和30年代になると お持ちの300型や500型が爆発的に普及し、中には上品なクロムメッキされたものまで登場しました。(リールを使用しての釣りというものは、昭和30年頃から一般に広がりはじめたものです)
ですから、刻印がuenoとあれば昭和36年以前の品、なくてOLYMPICだけであれば昭和36年以降昭和39年頃までの製品だと思われます。
現在のように精密で高性能なリールがなかった時代に、全国で波止のチヌ釣り、ハゼ釣り、今では姿を消したアオギス釣り、あるいは池や川のコイ釣りなどに大活躍した小型リールでした。
その後、舶来品ではABU1750、国産では東洋精機(沼津)の「黒潮リール」、オリムピック製では「エコー」、ダイワ「ドラム」(昭和42年)などの登場により、一挙に姿を消してしまいました。
 
 
通報する
 
回答日時:2013-05-20 00:34

No.1
sidennkai
sidennkai
シルバー色でしょうか?小型のタイコリールだと思うのですが・・・・。
オリムピック前身の植野精工時代のものならば、45年以上前と思います。時々ヤフーオークションにも出ているときがあります、貴重なリールというのは間違いないので、大事にしてください。
ご参考になれば・・・。
 
通報する
 
回答日時:2012-12-25 21:36

この回答への補足

coose
色は、シルバーです。
父の話を鵜呑みにすると、50年以上前になるんですよね。
もう少し、ネットでも調べてみます。
 
通報する
 
補足日時:2012-12-27 12:28

フィッシングカテゴリの新着QA

回答受付中
質問日時:2020-09-28 13:44
疑似餌の商品説明を和訳しています。 https://www.amazon.com/Hareline-Line-Aluminum-Black-Large/dp/B003V5GZFU 海釣り用の疑似餌のパーツのようですが、(省略)
回答数
0
気になる
0

回答受付中
質問日時:2020-09-28 00:04
9月入ってから彼氏と愛知県内で釣りができるところに毎週日曜高速走って行ってます。 今回予期せぬ事がおきました。(省略)
回答数
3
気になる
1

回答受付中
質問日時:2020-09-27 15:48
釣りよかがジギングで使ってるトップのルアーって何ですか? また、ジグは何ですか?
回答数
0
気になる
0

解決
質問日時:2020-09-26 21:11
ジギングで使用するリールはダイワの4000番位でも大丈夫ですか?
回答数
1
気になる
0

回答受付中
質問日時:2020-09-26 02:12
淡水においてのモクズガニって海から遠いところより、海から比較的近いところの方が多いですか?
回答数
2
気になる
0

QAをもっと見る
みんなに質問をしてみる
Powered by

釣り情報ウィジェット