スポンサードリンク
GUN吉30g
2019-06-13
モアザン3012H改
0 コメント
ルアー

GUN吉30g:アイマ

アイマから発売されている、釣具(タックル)のルアー:GUN吉30gのレビューです。

モアザン3012H改さんの評価

自分がこの時期、岸ジギで多用愛用するアイマのガン吉30gです。 20gでも40gでもなく、30gのフォール速度が岸ジギに特にアジャストします。 水深2mだろうと10mだろうと30gです。 最近のリニューアル版はフロント伊勢アマ13号位のツインアシストフック仕様に変更されてます。 しかもティンセル付きでバイトチャンスが増えるかも知れません。 独自のナイフエッジ形状で水を切り裂いて 見事なイレギュラースライドフォールを見せてくれます。 たまに入水角度を間違えるとキリモミフォールになりますが…(苦笑) ややリア寄りのセンターバランス仕様で、 リアフックはコアマンのこだわりアシストフックMを使用してます。 自分は港湾地帯波止がメインフィールドなので、サーフからのロングキャスト、スイミングやワンピッチジャークでは使った事無いですが、ヒラメやマゴチ等のフラットフィッシュキラーとしても有名らしいです。 フロントフック付き実売700円前半位で安くて良く釣れるジグなんで、30gだけこの時期からいつも品切れ状態が続きます。 なかなかうちらの辺(神戸周辺)では手に入らない事が多いです。 カラーはそれほど関係ありません。 ドクリアウォーターでも濁りに強いと言われる赤金ゴールド系でもガンガンバイトしてきます。 それより岸壁から少し離れて影を水面に落とさない方が大事です。 目の前にキラリと高速で落ちて来たジグを判断させる事なくリアクションで一瞬で喰わす釣りかたですからね。 イレギュラーなスライドフォールが重要です。 8対2の割合で岸ジギはフォールで喰ってくるので。 ちなみにシーバス、チヌ系、青物何でも釣れます。 ただロストも正直多いのである程度数は持って行った方が良いですね。 あと幽霊ホヤ良く掛かるので、プライヤーは必須アイテムです。(苦笑)

5.0

5 out of 5

GUN吉30gのルアースペック

釣具名
GUN吉30g
メーカー
アイマ
種類
ルアー
色(カラー)
シルバー系
レビュー者
モアザン3012H改:

モアザン3012H改
4 out of 5 プロ級アングラー (3668投稿)

モアザン3012H改

現在バス、シーバス、エリアトラウトメインでやってるおっさんアングラーです。 よろしくお願いします!

広告

ユーザからのコメント一覧

この記事は、コメントを待っています。

初めてのコメントをつけてみませんか?

GUN吉30gと同一ルアーカテゴリの釣具

14ステラC3000HG

レビュー

15ルビアス2004

レビュー

18ステラC3000MHG

レビュー

バスX80SH

レビュー

GIANT DOG-X

レビュー

TD CRAW 4.5インチ

レビュー

フェザクラ1.7g

レビュー

ふわとろ35DF(F)

レビュー

デラクー

レビュー

メタルバイブSS

レビュー

GUN吉30g

レビュー

「GUN吉30g」のQA一覧

みんなに質問をしてみる

該当のQAのが見つかりませんでした。


「アイマ」のQA一覧

解決
質問日時:2010-07-09 22:03
アイマのルアーに目がなく多数持っています。ご他聞に漏れず塗装は弱いです。これをカバーするために表面に透明なコーティングを施したく思います。(省略)
回答数
2
気になる
0

解決
質問日時:2012-03-22 22:55
ルアー初心者です。 シンキングミノーは着水からカウントダウンをして狙った水深まで沈めてから巻き始める、という認識でいたのですが、アイマの「サスケ 烈風」などは説明書きに「[レンジ]70〜100cm(省略)
回答数
2
気になる
0

解決
質問日時:2010-03-29 21:04
今の時期にシーバスを釣るには、どんなルアーがいいか教えて下さい。
回答数
2
気になる
0


アイマQAをもっと見る
Powered by
釣り情報ウィジェット