スポンサードリンク
19/12/01 19:10
Hamachimame
0 コメント
外部ブログ投稿

【地方名/出世魚】魚の呼び名について

記事の外部ブログへ移動
こんばんは口笛
いつの間にかもう12月になり、めっきり寒くなりましたねびっくり

今日は嫁がお出かけのため一人お留守番のはまちです?

嫁がお出かけの時は、

「今日のご飯は一人焼肉でも行っちゃおうかな?キョロキョロ笑」

みたいなことを考えたりもするのですが、実際に一人の時間が始まると結構寂しいし時間を持て余してしまいますショボーンあせる

時間があるなら釣りに行けば良いのではひらめき電球
という話ではあるのですが…寒いのがニガテなのと、引っ越しが完了するまでは車が無いためなかなか身体が動きませんてへぺろ

ということで、嫁が帰ってきた時に美味しいお魚料理でも作れるように魚の便利帳を読んでお勉強しています音譜



そして、今日読み進めているときに気になったのがコレ

「魚の呼び名について」

というのも、釣りをされる方はよくご存知だと思いますが、魚は地方によって様々な地方名が存在することがあります。

例えばこの子…


私の住む関西ではカサゴやガシラと呼びますが、九州の方ではアラカブと呼ばれています照れ
(よく釣れる割に、味は美味しい良いヤツです口笛笑)

この子は他にも、カラコ、ネバイ等地方によって様々な名称で呼ばれているようです。

というように同じ魚に色々な呼び名があり、ちょっと覚えるのが大変ですびっくりあせる


そして…更に呼び名を難しくするのが出世魚アップです。

出世魚とは大きくなるにつれて名称の変わる魚のことを言いますが、身近な例でいくとブリが出世魚です。

私の住んでいる関西の瀬戸内海側では概ね
40cm未満をツバス
40cm〜60cmをハマチ
60cm〜80cmをメジロ
80cm以上をブリと呼んでいます。

しかし、出世魚であるブリも地方名があり、地方によって呼び名が変わりますDASH!

例えば三陸では
10cm〜20cmをコズクラ
20cm〜30cmをフクラギ
30cm〜40cmをアオブリ
40cm〜60cmをハナジロ
60cm〜70cmをガンド
70cm以上をブリと呼ぶようです。
(参照:からだにおいしい魚の便利帳)


写真の魚は48cmなので関西ならハマチ、三陸ならハナジロ?

以上のように大きさ、そして地方によって呼び名の変わるブリ…お隣の中国では、


「日本だけで100種類もの呼び名があり、名前があまりに多すぎてそれぞれ違う魚だと誤解されることもある」


と紹介されたこともあるそうですキョロキョロ

…日本さかな検定1級を取るにはブリの呼び名も全部覚えないとダメなのかな?笑い泣き

なんとなく、大学受験のため英単語を覚えていたときのことを思い出したはまちでした照れ音譜

それでは、今からはブリ料理のレシピでも研究することにしますビックリマーク

ということで今日のブログはここまで、また来週もお仕事頑張りましょう〜チュー

------------------------------------------------

 
釣りブログランキングに登録をしていますので、良ければ↓をワンクリックお願いしますラブ
 



にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
 

------------------------------------------------





Hamachimame
1 out of 5 新米アングラー (0投稿)

Hamachimame

武庫川一文字を主戦場にする社会人4年目(27歳)の釣り人です。ブログやツイッターを通してたくさんの人と交流したいと思っていますので、どなたでもフォローよろしくお願いしますヾ( ・w・)ノ゛2019/5

ユーザからのコメント一覧

この記事は、コメントを待っています。

初めてのコメントをつけてみませんか?

Hamachimameさんの最近の日記(3件)


Hamachimameさんの日記付近釣果

広告
釣り情報ウィジェット