スポンサードリンク
2018年1月17日(水曜日)
11時56分27秒
釣り侍(ラボ管理者)

2018年初調査!荒川河川のバチ抜け探索!

バチも気になる今日この頃の、フィッシングラボ管理者「釣り侍」です。

先日、バチ抜け対応タイドグラフをリリースしました。
バチ抜け対応タイドグラフはこちら

2018年の東京近辺のバチ抜け状況

2018年の東京近辺のバチ抜け状況を確認しますと、すでに始まっている所も多いようです。

今年は、全体的に早めの進みと考えていいでしょう。

これから、数日に一度「温かい日」があるのが例年の気象です。

水温の上昇とともに、「バチ抜け」が進行しますので、これからの気温のチェックが欠かせない様子となってますね。

ですが、ここ数年前からなんですが、東京オリンピックの開催決定から多くのエリアで「建設工事」が行われています。その影響なのか?過去にバチ抜けしてエリアで、抜けなくなること(抜けても小規模)が多くなってきました。なので、都市型の影響の受けやすい都市型河川よりも、大きめの河川の方が確立は高いかもしれません。

この辺は、「コンクリートの色」などを確認しつつ、建設からの年数を創造してみるといいかもしれません。GoogleMapの衛星写真も参考になると思いますね。

でもって、荒川のバチ抜け状況はいかに?

今週、予定が立て込んでいて「バチ抜け対応タイドグラフ」の予測をもとに釣行するのが難しいことがわかっていました。なので昨日、状況を確認する意味合いも含め調査してきました。

2018/1/16が釣行日、下記のように「バチ抜け」予測は出ていない。
バチ抜け

まずは、フィールドに到着して「バチ」を探す。
目視では、「バチ」は見当たらない。けど、バチ抜け初期だと表層に見えるバチより中層付近を漂うとこも多いから気が抜けない。

生命感的には、12月より魚っ気は多い。たまに、もじりもある。この状況だと、魚は必ずいることは確信した。

狙い方としては、表層からボトムのズル引きまで色々試してみたが、2・3度魚にあたる感触はあったが、明確なヒットはなし。

いいわけではないが、今回入ったところの対岸のポイントが本来は可能性が高い。けど、その反面競争率も高い。
今回は、「ストレスなく」と甘えから高速出口からも近いポイントを選んで、結果的には反対側に入った感じ。

1時間もすると、空いていた対岸にアングラーが入った。状況的には悪くないから、いやな予感はしていたら、5分もかからずヒット&ゲットしていた。水柱からして、よいサイズのように見える。ヒットした瞬間も見えていたが、表層で岸際だったのでたぶんバチを意識していた個体のようだった。

それをみて、なんとかロングキャストで狙ってみたが、明確なヒットは得られず終了。

結果的に得られたもの

「バチ抜け」に関しては、「始まっている」と言っていいだろう。
このポイントは、比較的遅めの場所ではあるがここでこのような状況だと、最盛期を迎えている場所があってもおかしくない。実際、河口近くの場所では大量にバチ抜けしている情報も入っているので、今週末「1/19 1/20」は、予測通り「可能性がかなり高い」と思われる。

なので、私もどうしても行きたいところだが・・・・
だれか、予定を変わってくれないかな。

釣り侍(ラボ管理者)

釣り侍(ラボ管理者)

フィッシングラボ管理者です。皆さんよろしくお願いします。釣行数は、年間100日程度。

広告

コメント

この記事には、コメント投稿はできません。
2018年1月16日(火曜日)
14時36分46秒
釣り侍(ラボ管理者)

2018年初釣り!今年はサーフからヒラメをゲットする作戦です!

サーフに取りつかれている、フィッシングラボ管理者「釣り侍」です。

今年も、年が明け一発の釣行は「どこに行くべきか?」と悩む前に、足が向かっていたのは・・・そう、「鹿島サーフ」。

前年の9月から通い始めて、もう数えきれないくらい通いましたよ。
お正月は、「1/2」と「1/7」に2回釣行してきました。

自分でも「行き過ぎかな!?」と思ったりもするのですが、「釣りに行き過ぎはない!」と自分自身に言い聞かせ、周りの目を無視しながら楽しんでいますよ。みなさんも同意見ですよね!?ね。
そうは言っても、ポイントまで自宅から約「130km」。この距離を頻繁に通うなんて!っと驚かれても行きたいものは、行きたいのです。そこで、自分自身にインタビュー。

サーフでの釣りの魅力って「なんですか?」

なぜ、こんなに「通うのかって?」

それは、サーフには「魅力といいますか、魔力」があるんです。

まずは、「魚種」。

「ヒラメ」・「マゴチ」・「青物」・「シーバス」と色々な魚種が狙えるんです。テトラ周りは、「クロダイ」も。

なんだそれだけ思う人もいるかもしれませんが、同じルアーで色々釣れるってなかなかない話なんですよね。

次は、「エリア」。

広大に続くサーフは、一見釣り場にとってはギャンブルのように思えてくる。
このギャンブルのように思えてくるのが、「興奮する」のであるww

「興奮する」いい響きではないか!サンドイッチマンのネタのようで、「間違いない」。

その中から、「魚の居住区」を探し出す。気分は、まさにハンター。

だが、うまくいかないことも多い。魚たちに「居留守」も頻繁に使われる。だから、魚たちが在宅している「朝」お邪魔するんだ!そうすれば、魚にとっても、お客さんだと思って「ルアー」に食いつく。要は、相手に合わす。釣り人に合わせるのではなく、魚の生活圏にお邪魔する感覚なのだ。

そんな駆け引きが楽しい。なんか「磯」や「堤防」や「河川」では味わえない感覚。

そんなこんなで、通い続けています。

ちょっと、高速代もバカにならなくなってきたので、様子を見つつになりますが・・・・

でもって、「1/2」と「1/7」の釣果。

「2018/1/2」釣行

1月1日にしなかった理由は、初日の出を見る人がいるだろうということで、2日に釣行。
朝ポイントについてみると、「誰もいない」。っていうか「車」がない。

海を見渡すと波は、非常に高い。海水に「砂」が混じっている色をしているので、期待は薄い様子であることが開始前から気が付いてしまった。(海水に砂が混じると、魚のえらに入るため魚の活性が上がらない。要は、魚のテンションが下がるということだ。)

そうゆうことで、下記が釣行タイムチャート。

・4:30 ポイント到着

・5:30 釣行開始

・カレントを狙っていくが、波が高くガチャガチャしすぎている

・7:30 小さいながらも鳥山が立つ

・もうこのシーズンは、鳥山無視。案の定、すぐに沖合に鳥山は消える。

・8:30 波も収まらず。

・9:00 この日は、これで終了。なんにもドラマなし。

波高し

「2018/1/7」釣行

前の釣行から5日後。
前回の釣行では、あまり人がいなかったので少しゆっくり出発。少しはのんびりと。
ポイントに到着したら、前回よりは人が増えている様子。波の状況は、前回よりは低いけど、冬らしい荒れ具合。「ザパーン」と波しぶき。これは、寒そう。

厳しい予感はしつつも、釣行タイムチャート。

・5:50 ポイント到着(車の温度計は「-5度」)

・6:20 釣行開始

・一番可能性が高いカレントに入りたかったが、先行者がタッチの差で入ってしまった。数等後、隣の先行者にヒット!声掛けたら、50cmぐらいのヒラメをゲットしていた。


・6:30 先行者の少し奥目のカレントを狙う為、ちょい移動。

・7:30 集中して、丹念に狙っていったが2バイトのみでゲットならず。
ヒットルアーは、「かっ飛びくん」と「飛びすぎダニエル」。この後、どちらのルアーも残念ながら殉職。5日前にはあった、鳥山もなし。

・9:00 この時間帯になると、多くのルアーマンが帰りだす。その代わり、餌釣りの人たちが入れ替わりで入る。でも、今回はあきらめず色々なポイントを探ってみる。そうすると、「ヒラツメカニ」がサムライジグヘアタックしてきた!一瞬何の当たりかわからなかったが、ヒラツメカニを専門に狙っている人もいるので、カレント回りについているのだろう。
ヒラツメカニ

・10:30 さすがに疲れてきた。朝まず目の熱いタイミングでゲットできなかった為、もう居住区からヒラメちゃんはお出かけしたらしい。

・11:30 「ジグパラ SURF 28g」でカレントをしつこく狙っているとずっしりとした重みが伝わる。「ヒラメだ!」と思いつつ慎重にやり取りする。このブルブル感。いい感じ。そう思いつつ慎重にやりとりしていると上がってきたのは「擦れ掛かりのシーバス」。このブルブル感は、スレだったからと落胆。
その後、立て続けにシーバスゲット!これも、「ヒラメ」と思って慎重にやり取りしたのは、秘密です。
シーバス
シーバス

・12:00 さすがにもう諦め。収竿とした。海を眺めながら、遅めの朝食。
実は、釣行後のこのまったりとした時間が意外と好きなのである。
ロッドを振っていないとき、海を見てみると意外と気が付かないことに気づいたりするから、面白い。そこで、今回の反省を考えつつ、次回のプランをイメージ。
今回の釣行で、「得たもの」を中心におさらいするのである。

少し波穏やか

「本命ではないが魚からあった反応とシュチュレーション」や「波の様子と反応があったポイント」などなど。
あとは、その時その時の自分の「行動」。もっとも、「チャレンジした行動はできたか?」それとも、「過去の状況に拘り過ぎていなかったか?」を考えてみる。良い時ほど、「チャレンジした行動はできている」から不思議である。

そんなこんなで、お正月から色々楽しんだ釣行でした。

これからも、サーフ開拓楽しんでいきたいと思いますね。早く、温かくなってまたバイクで行けるシーズンになったらいいな〜と思いつつ、やっぱり「車は楽」とも思っている管理者なのでありました。

釣り侍(ラボ管理者)

釣り侍(ラボ管理者)

フィッシングラボ管理者です。皆さんよろしくお願いします。釣行数は、年間100日程度。

コメント

この記事には、コメント投稿はできません。
2018年1月14日(日曜日)
23時25分56秒
釣り侍(ラボ管理者)

初心者から上級者まで、1年の中でシーバスを効率よく狙えるバチシーズン到来準備

あけまして、おめでとうございます。

年が明けまして、自分なりの今年の釣り目標を考えていました。

私の今年一年を占うマイルールでは、初釣りで「釣れた」場合は年を通して良い釣りができ、「釣れない」場合は一年苦戦するという、イメージで初釣りをしています。

結果、「1月2日」の初釣りでは「ボウズ」となった為、1年苦戦する釣行が続きそうです。

皆さんも、このようなジンクス的なものはありますかね?

今年の釣りを充実したものに

そんなジンクスを打ち破るべく、昨年から準備を進めていた「バチゲージ付きタイドグラフ」の提供が無事に終了しました。

毎年、シーバスなどを狙っている人には、とても気になる情報の一つが「バチ抜けの開幕」だと思います。

バチ抜けを攻略することによって、初心者〜上級者までおいしい思いをできるのが、このシーズン。

その攻略を手助けするツールが「バチゲージ付きタイドグラフ」なのです。

そもそも、このようなツールを作りにあたってベースになっているのが、私自身の釣りの経験。特別な経験を元に作っているわけではなく、皆さんと同じような経験・疑問を形にして提供しているのがフィッシングラボで存在しているツール群なわけなんです。

今回の提供を始めた、「バチゲージ付きタイドグラフ」。ある意味、釣り歴が長い私でも「気が付かなかった」こと気づかせてくれるツールとなりました。最近シーバス釣りを始めた初心者から、経験豊富な中級者・上級者までお勧めできるタイドグラフです。

爆釣に関係するバチの出現については、最終的に当日の天候などに影響される為、表示される内容については目安にすぎませんが、この目安が「ある」のと「ない」のでは釣果が全く違ってくることは、明白だと思いますね。

ここで、バチシーズン到来の準備としまして、「バチゲージ付きタイドグラフ」の使い方をご紹介します。

バチ抜け対応ゲージ付きタイドグラフの使い方

まずは、下記にアクセス。

バチ抜け対応ゲージ付きタイドグラフはこちら

釣行を行う地域を選択します。

そうすると、「カレンダー」画面のところまで進みます。

下記の画面をよく見ると、「1/3〜1/6」と「1/18〜1/22」に「アイコン」表示がされていると思います。それが「バチ抜けの可能性が高い」いう意味になります。

バチ抜け対応タイドグラフ

その日付を選ぶと、画面下の方に「出現期待度」・「バチゲージ」とあり、ここが3段階で期待度が変わるんですね。「期待度=抜けやすさと規模」を表しています。
 
バチ抜け詳細

そんな感じで、「バチ抜け」の可能性が高い時をあらかじめ知ることができます。
なんと、素晴らしいことでしょうか!爆釣のゲットできるチャンスがこの時点でかなり上がります。

あと、タイミングですが下記のように「潮が下げる」タイミングで釣行しましょう!
しかも、日没前にはポイントに到着すること。大事なことなのでもう一度いいます。「日没前」には、ポイントに到着してくださいね。
バチ抜けタイミング

まだ、経験が浅くポイントがよくわからないという方は、「ハゼ」がよく釣れる場所を探しましょう。ハゼがいる場所は、砂地が近くにあることが多く「バチ」の住みかとなっている可能性が高いからです。

これで、事前準備はバッチリ!あとは、これから、温かくなるにつれて本格的になるとおもいます。

あと忘れていけないのは、「バチ用ルアー」。
バチ用ルアーでなくても釣れなくはないですが、圧倒的にバチ用ルアーの方が反応はいいです

では、どれがいいかといえば「Jackson-にょろにょろ」です。いろいろありますが、これが確実で使いやすいでしょう。でも、すこし考慮するところがあるんです。「夜光」と「夜光なし」両方用意してください。状況によって、反応が良いほうが違ってきます。必ず、どちらも試してみてくださいね。

ということで事前準備は終わりました。

私も、この「バチゲージ付きタイドグラフ」を使って、爆釣を狙っていきたいと思っていますよ。これからのシーズン楽しみです。

釣り侍(ラボ管理者)

釣り侍(ラボ管理者)

フィッシングラボ管理者です。皆さんよろしくお願いします。釣行数は、年間100日程度。

コメント

この記事には、コメント投稿はできません。
釣り情報ウィジェット