スポンサードリンク
2018年5月21日(月曜日)
11時21分09秒
釣り侍(ラボ管理者)

これはもう夏ですね!気難しい河川のシーバスを攻略する

鹿島サーフが悪天候なのでホームへいってしまう、フィッシングラボ管理者「釣り侍」です。

3日前くらいに、上流シーバスの様子を見ていたのですが、どんな感じに変化したか?気になるところ。

案の定、状況的には厳しくなっていることを実感する釣行となりましたね。

2018年5月20日の釣行記録

釣行日:2018年5月20日(日)

場所(ポイント):荒川上流(笹目よりももっと上流域)

時間:20:00〜21:30

潮:中潮 満潮「21:55」

水色:うす緑

水温:表層「21.3℃」

ポイントの所感

3日前よりもベイトの「ハク」がますます増えています。

一見すると、すごーく期待大なイメージになるんですが、「ハク」が多すぎるとルアーへの反応が極端に落ちるんですよね。

この状況を見て思ったことは、「こりゃヤバイ」。

案の定、ボイルも何もないけど、熱気だけはムンムン。

久しぶりの「上げ潮」狙いなので、その点だけチョット楽しみで開始。

パイロット的に使うルアーは?

まずは、表層調査で「マニック99」。

何時もは、「マニック95」を使う機会が多いけど、夏に向けて少しずつサイズをアップさせていっている感じ。なので「マニック99」。

けど、何も反応なし。チーン。

次に、「ミニエント」。

中層からボトムまで、反応を探る。しかし、反応なし。チーン。

こりゃ。厳しいね。

けど、シーバスが居ないということは、ありえないので反応させられないだけ。

シーバスが居るけど、反応させられないときは?

頭の中でワームも考えたが、ある程度速度もあったほうがいいだろうということで、最終兵器「storm SX ソフト バイブ」を投入。

storm SX ソフト バイブ

このルアーぶっ飛びルアーなので、遠投で攻めていきます。

基本的に、このルアーを使うときはボトムをイメージ。

しっかりボトムをとってから、ゆっくり巻いてきます。

数投目、ストラクチャーを通過すると、「違和感」。

感じ的には、「ゴミかなってぐらいのバイト」。

軽くロッドをあおると、生命感あり。

ヒット!

なんか、はっきりしないバイトだが元気に暴れだす。

けど、鰓洗いしないので足元に来るまでは、魚種不明??

最後まで鰓洗いしなかったけど、銀ピカシーバスちゃんでした。

「50前後」のシーバス

storm SX ソフト バイブで

やっぱり。潜んでいたのね。

連続ヒットも期待したが、そんなに甘くはない。

少し沈黙が続いたので、今後はリフト&フォール。

ストラクチャは狙わずに、ベイトが集まっているところを中心にキャスト。

そうすると、ひったくるようなあたり。

ヒット!

けど、ファーストランでフックオフ。

掛かりが甘かった。

というところで、痛恨のルアーロストもあり、1時間30で終了した。

今後の予想

雨などの要素がないと、今のポイントではもう厳しいかなって感じ。

釣れなくはないが、もうシーズナブルパターンではないですね。

こんな時は、冒険にでる必要がありそうなので、小場所・大場所含め探索を開始します。

釣り侍(ラボ管理者)

釣り侍(ラボ管理者)

フィッシングラボ管理者です。皆さんよろしくお願いします。釣行数は、年間100日程度。

広告

コメント

この記事には、コメント投稿はできません。
2018年5月18日(金曜日)
14時28分22秒
釣り侍(ラボ管理者)

本格的な夏が始まる!気温上昇時の河川シーバス釣行

新島から戻って早速ホームへいってしまう、フィッシングラボ管理者「釣り侍」です。

まだ、新島釣行の疲れが取れない中、気になったので久しぶりに荒川上流へ行ってきました。

色々準備進めてたら、ちょっとシーバス釣行が間隔空いたかな。でも、1週間?

最近の暑さの影響も気になったので、短時間釣行で様子見。

2018年5月16日の釣行記録

釣行日:2018年5月16日(水)

場所(ポイント):荒川上流(笹目よりももっと上流域)

時間:20:00〜21:30

潮:大潮 満潮「18:32」

水色:うす緑

水温:表層「19.1℃〜20.5℃」

ポイントの所感

水温の上昇とともにベイトの「ハク」が増えていますね。

シャローに群がっている「ハク」

夏らしい、シチュレーション。

基本的に「ハク」は、シャローに群がっているので、少し潮が下げ始めてから時間が経ったほうが良い。

下げ潮も効き始めてきて、いい潮目が出てきた。

目視できるぐらいの潮目が出てきたところで、潮目中心に狙う。

ベイトはいい感じで泳いでいるが、「ボイル」等は見られない。

ボイルは見られないが、たぶん潜んでいると予想。

丹念に潮目を狙う。潮目を狙う理由を知らない人向けに捕捉する。

潮目は、流れの流速が違う場所で発生する。その主な流れる方向は、「下向き」(底に向かって)の流れ。

なので「ハク」などの小魚は、その下向きの流れに吸い込まれる。その先でシーバスが待ち構えている構図だ。

少し潮目が遠めなので、「マニック99」で遠投気味に潮目の先に着水させる。

かなりデットスローで、潮目を横断させる。この時、流し込ませるイメージでロッドワーク。

そうすると、「ガツン」。という感触。

「ヒット!」

なかなかパワフルなシーバスちゃん。

最近は、あまり難しいことは考えずすぐにキャッチしてしまう。

「50アップ」のシーバス

「50アップ」のシーバスが釣れた。

すぐにリリースし、また反応を探る。

同じパターンで、立て続けに「2匹」追加。(同じような魚なので、写真撮らず)

ひとまず、自分の中での目標値「3匹」をクリア。

流れが変わり、潮目が消え川全体でゆっくり流れるようになった。

そうすると、魚が散らばり魚の居場所がわからない。

なので、少し離れた支流に移動。

支流に到着し、流れ込みを中心に狙う。

ここは、子場所なので居ればすぐに反応するが、まったく反応なし。

疲れもたまっているので、早めに終わりにした。

今後の予想

まずは、水温がシーバス適正限界まだ上昇している。

経験上、20℃を水温が超えると流れ込みなどの酸素が豊富な場所に、移動する個体が圧倒的に増えると感じている。

また、ナイトゲーム中心で今までやっているが、デイゲームへのシフトするタイミングとも思っている状況。

ただ、デイゲームだと週末しか楽しめないので、結局ナイト主体なのは変わらないかな。

とにかく、今は水温に注目したいところ。

釣り侍(ラボ管理者)

釣り侍(ラボ管理者)

フィッシングラボ管理者です。皆さんよろしくお願いします。釣行数は、年間100日程度。

コメント

この記事には、コメント投稿はできません。
11時55分27秒
釣り侍(ラボ管理者)

【2018/5/12〜5/13】「2日目」東京都の離島上陸。新島でサーフ・磯・防波堤で大物を狙え!

2日目もチャレンジ精神出まくりな、フィッシングラボ管理者「釣り侍」です。

前回の1日目釣行の続き。

【2018/5/12?5/13】「1日目」東京都の離島上陸。新島でサーフ・磯・防波堤で大物を狙え! | 快釣スタイル釣行記

【2018/5/12〜5/13】「1日目」東京都の離島上陸。新島でサーフ・磯・防波堤で大物を狙え!で釣れる魚を狙う釣行記です。

一日目の釣行では、本命「ヒラメ」に出会うことができなかったが、2日目にひねり出す計画。

以前のマダイ
【写真は、以前新島で釣れたマダイ】

状況を詳しく知り方じは、一日目の釣行記を見返してほしい。

ということで2日目の釣行記。

2018年5月13日の釣行記録

釣行日:2018年5月13日(日)

場所(ポイント):新島

時間:3:30〜13:30

潮:中潮

水色:サーフうねりによる濁り(岸際周辺)。

水温:表層「21.0℃〜22.0℃」

朝マズ目が最大の熱い時間帯ということで、前日23:00時に就寝したが翌3:00には起床。

ただただ、めっちゃ「眠い」。

思考能力ゼロのまま、準備を始める。

今の季節、日が昇るのが速く、この点はいつも「冬がいい」と思ってしまう。

マズ目が、早いのはとてもつらいといつも感じてしまうのであった。

なんとか準備を終え、3:30ぐらいにはポイント到着。

前日、調査している「間々下」をポイントとした。

違う場所を狙うこともできるが、結局は調査しているポイントを狙うのが一番可能性が高い。

真っ暗闇の中、釣行スタートとなった。

前日に、カレントが発生している場所はわかっているので、その周辺を丹念に狙う。

だんだん目が慣れてくると、暗闇でもなんとなく見えてくる。

そうすると、暗闇の中「鳥が飛んでいることに」気が付いた。

どうやら何かベイトがいるみたい。

その周辺に、「ビーチウォーカー リボルト」をキャストする。

キャストして、ラインを巻きは始めると「生命観」が伝わった。

「ヒット」!

ゴンゴン。引く感じからすぐに「マダイ」とわかった。

「マダイ」ももちろん想定済みなので、心の中で「いただき!」って感じで合わせを入れる。

なんか手ごたえがおかしい。

フッキングしている感触ではなく、少しラインが前後するような感覚。

そうすると、ラインからテンションがなくなった。

ラインを回収してみると、「スナップ付近からリーダーがギザギザによれながら切れている」。

推測するに、着水フォールでルアーを丸呑みしていたようだ。

マダイの歯は、とても鋭いため口にリーダーが当たり、結果切れた感じかな。

しばし、茫然。かなり貴重な当たりなのに、どうすることもできなかった。

気持ちの中で「貰った」と思ったのも、さらに落胆を強めたような気がする。

まだ、時合いタイミングなのですぐに気を取り直して、キャストを開始。

しかし、明るくなるのは早く、ものの5分ぐらいで暗闇から薄明かりにまで変化した。

そこから、可能性がある場所をとにかくランガン。5:30ぐらいまで、キャストし続けたがその後は生命観を感じることはなかった。

朝マズ目は、最初から時間で見切る予定で移動

2日目を始める前に、「釣れても釣れなくても」夜が明けたら移動する予定でいた。

それは、今のサーフの状況を加味すると、深追いしても時間の無駄と判断していたから。

その判断が、良かったのか?悪かったのか?そんな答えは、出ない。とにかく、流されないことが大事なのだ。

時間を迎えたので「カンパチ」狙いで、堤防に。

黒根

まだ、太陽がそこまで登っていないので、青物のチャンスタイム。

昨日ダメだった、堤防だが沖目の回遊も意識しつつ、狙っていく・・・・・・・・

結果、ノーバイト。

ここから、違う堤防へのランガンと磯と移動を繰り返したが、魚からの反応はなかった。

磯

最後の堤防で、あきらめもあったので「偏光グラス」で水中を観察していくと、「グレ」・「シマアジ」が群れている中少し沖目に「白い魚体」。

ショゴクラスのカンパチが回遊している光景が見えた。

いるけど反応していない結果から、潮を読むことをもう少し重要視していればと反省。

堤防

離島だとどうしても、ポイントのポテンシャルを重視してしまいがちで、潮の流れとのリンクを重視しなくなってしまう。

この点が、反応させられない主な点ではないかと、今考えると想像される。

帰りのジェット船に乗るまで、いろいろ試してみたが時すでに遅し。

フェリー

結果、「カンパチ」もノーゲットとなった。

今回の釣行で得たもの

日常ではない場所で釣行を行うと必ず「新しいこと」が見えてくる。

これが、あるから遠征はたまらない。

改めて考えなおすと、大事なことは「原点回帰」のような気がしている。

「新しいことを知った」というと何か新情報を得たように思えるが、結局のところ「基本が大事」ということを突きつけられる。

「テクニックがどうだ」とか言う前に、その場所での「魚に出会う方法」を知らないとダメなんだと。

だから見つめなおす上でも、いつもと違う場所で魚と対話することが自分には必要なようだ。

次につなげられる、反省をしつつ何時もの場所でも大切にしていきたいという流れで今回は締めます。

釣り侍(ラボ管理者)

釣り侍(ラボ管理者)

フィッシングラボ管理者です。皆さんよろしくお願いします。釣行数は、年間100日程度。

コメント

この記事には、コメント投稿はできません。
釣り情報ウィジェット